プロフィール

"ヤバ景" フォトグラファー / ライター。1972年11月3日生まれ。千葉県船橋市の準工業地域の"ヤバ景" * に囲まれてすくすくと育つ。1998年千葉大学工学部修了。制作・論文のテーマは「工場構造物のコンバージョン提案」。子どもの頃から工場や工事現場を遊び場とし、学生時代には工場写真を撮っていた生い立ちが、この論文に結実。同時に在学中から団地の写真も撮り始めていました。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、テレビ出演、イベント主催などを行っています。というか、プロフィール書くのって難しい。詳しくは以下のプロジェクトや出版についてなどを読んでみてください。

("ヤバ景" --------- 一般的には悪い景観だと揶揄されるけど、なんか気になる、あるいはけっこう好き、という風景。例えば"ファスト風土"などと言われる景観、ぼくはものすごくぐっとくる。あと日本橋の上の首都高もちょうかっこいいと思うけど。みんないやがるよねえ、あれ。こういう風景を英語の"bad"にあるニュアンスを込めて「ヤバい」と呼ぶ次第。詳しくはこちら

プロジェクト

住宅都市整理公団 [http://danchidanchi.com/]

団地マニアのためのウェブサイト。2001年開設。大学時代からの友人、長野氏と2人で運営しています。大山のメインプロジェクトであり、このサイトがメインサイトです。日々コラムを更新しており、大山が何を考えていて、どういう人間かはこのページを見るとあらかた分かると思います。サイト名はもちろん「住宅都市整備公団」(現UR都市機構)のパロディ。なのでサイト内では「総裁」を名乗っています。日本に生息する総裁は少なくなりつつあります。いわば絶滅危惧種。そういう意味でぼくを大事に保護したほうがいい。そういえば団地関係の書籍を出版するにあたり、本物のURさんとお近づきになる機会を得たのですが、そのご挨拶の際も「総裁」と記した名刺を思い切って差し上げました。なんとそれ以降、うちにURさんから届く郵便物は「大山 総裁」宛となっているので、もうこれはUR公認の総裁と思っていいんだと思います。やったね。

日本ジャンクション公団 [http://junction.xxxxxxxx.jp/]

ジャンキー(ジャンクション好きの人々のこと)のためのウェブサイト。 もちろん「公団」っていうのは嘘です。複雑な立体交差は下から見上げるとき最も光り輝く、というのがコンセプトです。ちなみにぼくは自動車免許を持っていません。

日本高架下建築協会 [http://blog.livedoor.jp/elarch/]

高架下に建てられている建築物にぐっとくる、という方々のためのウェブサイトです。かわいいよねえ、高架下の建築。そしてこれももちろん正式な「協会」ではありません。

共食いキャラクター [http://tomogui.jp/]

トンカツ屋の店頭看板で、コック帽かぶったブタさんがにっこり笑って「おいしいヨ!」とか言っているのをよく目にすると思います。ぼくはかれらを「共食いキャラ」と名付けました。よく考えたらどうかしている。よく考えなくてもどうかしている。しかし、いちばんどうかしているのはあれを当たり前のこととしてもはや気にも留めていないわれわれだ。このサイトでは日本全国の共食いキャラを収集しています。共食いキャラ見つけたらぼくにメールで送ってください。

どこまで東京? [http://d.hatena.ne.jp/dokomadetokyo/]

みんなが持っている「東京ってここまでだよなー」というイメージを投稿してもらい、それを分析するプロジェクトサイトです。いや、分析はしてないかな。例えば、多摩は東京とは思えないせいぜい三鷹まで、とかそういうことです。「どこ東?」と略して呼んでください。呼ぶ必要があるときは。

blog

住宅都市整理公団 別棟 [http://blog.livedoor.jp/sohsai/]

ぼくの活動状況・ニュースなどはここに随時UPされます。

出版したもの

団地の見究 [2008年 東京書籍]

上にも書いてありますが、自信作です。ぼくのメインプロジェクトであるサイト「住宅都市整理公団」における団地鑑賞の10余年にわたる集大成です。かなり素敵な本になりました。本の内容はこちらでどうぞ。

ジャンクション [2007年 メディアファクトリー]

自画自賛で調子に乗って言わせてもらえば、ジャンキーたちの聖典ともいえるこのジャンクション写真集、熱心なファンがいます。うれしいです。これもぼくのプロジェクトサイト日本ジャンクション公団の成果です。掲載されている写真はぼくのflickrでも見ることができます。海外の方に評判が良いようです。

工場萌え [2007年 東京書籍]

2007年から2008年にかけての一連の"ドボク写真集ブーム"の火付け役になったと自負しています。目になさった方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はぼくの研究室での研究テーマ・修士論文は工場構造物のコンバージョン提案でした。当時から"工場萌え"だったのです。ぼくにとってこの本の出版は、遅れに遅れた卒業制作提出という気分でした。

工場萌えF [2009年 東京書籍]

評判の良かった「工場萌え」の続編です。内容、デザイン、判型ともにかなりすてきになって登場。

団地さん [2008年 エンターブレイン]

"手のり団地"、団地のペーパークラフトの本です。URさんから直々にお借りした門外不出の貴重な写真とともにお送りする団地好きにはたまらない一冊。のはず。図面もらってペーパークラフト設計しましたよ。作ってる最中にとりあげた古い団地が建て替えでどんどん取り壊されていって、結果的に資料的価値もなかなかのものになったと思います。

高架下建築 [2009年 洋泉社]

これもぼくのプロジェクトサイトのひとつである「日本高架下建築協会」の成果が本になったもの。工場や団地、ジャンクション以上にスルーされがちな高架下の建築群を追いかけ、東京、大阪、兵庫に撮影に行きました。日本の主要な高架下建築は網羅しています。掲載されている写真はflickrで見ることができます。

共食いキャラの本 [2009年 洋泉社]

そしてこれもぼくのプロジェクトサイトのひとつである「共食いキャラクター」の成果が本になったもの。まさかの新書判。新書ってこういうものを表現するためにつくられたんでしょうか。くわしくはこちらで。

ドボク・サミット [2009年 武蔵野美術大学出版局]

上でご紹介したように、ぼくは団地や工場や高架下やジャンクションに興味を持っているわけですが、友人たちもまたしかり。たとえば水門の佐藤さん、工場の石井さん、ダムの萩原さん、鉄塔の長谷川さん、ガソリンスタンドの松村さん、などなど。で、過日、この面々を集めた水門の佐藤さん主宰の「ドボク・サミット」が武蔵美で行われました。「ドボク」というカタカナ表記は"ぼくらが惹かれてしまうこういう土木構造物的なもの" を表していまして(例えば団地は"土木"じゃないしね)。本書はそのイベントの様子をまとめたもの。これを読めば現在日本の"土木シーン"が分かります。なんだそのシーンは。くわしくはこちら

連載・出演 2010年〜

デイリーポータルZ [@nifty]

日本のネット界に咲いた大輪。言わずとしれたニフティのデイリーポータルZ。2004年から連載させていただいております。実はジャンクションも高架下建築も共食いキャラも、ここに書いた記事がきっかけ。ぼくにとって最も重要な活動がこのDPZでの連載です。これまでのぼくが書いた記事一覧はこちら

熱中時間 [NHK BS2 / BS Hi]

日本のTV界に咲いた大輪。言わずとしれたNHKの「熱中時間」。マニアックな趣味をもつ方々を数多く、そしてもっとも誠実に紹介している番組です。残念ながら番組終了してしまいました。ちょう残念。おそそらく日本における趣味の文化を語る上でこの番組を見ないわけにはいかない、という名番組でした。ぼくは2005年に「団地熱中人」として出演し、その後まさかのコメンテーター側として抜擢され、レギュラー出演していました。いまもときどき思い出したように出ています。現在は番組のブログ「熱中倶楽部」に"編集長"と称して連載していました。

ドボ珍 [東スポ]

なんと、東スポで連載をさせていただいておりました。「ドボ珍」というコーナーで水門の佐藤さん、ダムの萩原さん、珍寺の小嶋独観さんらともちまわりで。ぼくは素敵なジャンクションを紹介してました。これも残念ながら休止中。ウェブサイトやデザイン、建築などの世界とは全く離れたところで連載させていただけるのはとても嬉しい。なんといっても、実際ジャンクションの工事にたずさわる方々が目にする可能性がより高いわけですから。

「東京人」2010年11月号

特集「工場見学に行こう!」に工場写真と文章を載せてもらいました。町工場鑑賞は新境地でした。たのしかったなー。

TOKYO FM「シナプス」

「秋のジャンクション狩り」をテーマに話しました。なんだジャンクション狩りって。

東京 slow style

首都高さんの「東京 slow style」でジャンクションの魅力について語りました。箱崎ジャンクションと江戸橋ジャンクションをお勧めしたしだい。あくまで下から。

スタミナラジオ

RKBラジオの「スタミナラジオ」という番組で、福岡の団地のすてきさについてお話ししました。また行かなきゃな、福岡の団地見に!

くにまるジャパン

文化放送「くにまるジャパン」という番組のコーナー「おもしろ人間国宝」で団地についてトークしました。くにまるさんがふつうに団地面白がってくれたので、調子に乗ってお話ししました。

Casa BRUTUS特別編集 21世紀・日本の名作住宅vol.2

以前同雑誌に載ったインタビューが再掲載されました。3人の団地のおっさんのグラビアがふたたび楽しめます。

NHK 熱中スタジアム

NHK「ハイウェイドライブ」の回でジャンクションについて力説してきました。ジャンクション好きとして有名な江川達也さんも出演されていたので、心強かった。 ま、ドライブしないんですけどね、ぼくは。免許ないから。

あらたにす

読売新聞、日経新聞、朝日新聞の3社合同で運営している「あらたにす」というウェブサイトの書評欄でいくつかの本をおすすめしました。自分の本を薦めたい!って言ったら苦笑いされました。

日経ビジネスアソシエ

「日経ビジネスアソシエ」で「日常の中に観るべきすてきなものがたくさんあるよ!」という趣旨でジャンクション鑑賞などを取り上げてもらいました。ビジネスマンに浸透したらいいなー。するかなー。

ワンダー×ワンダー

ぼくのジャンクションツアーと工場ツアーの様子が取り上げられました。たのしかったなあ、このツアー。

男の隠れ家

月刊誌「男の隠れ家」に工場の写真と記事載りました。しかし、隠れ家か…男の…。女の、のほうがいいなー。

たけしのニッポンのミカタ!

テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」でジャンクション鑑賞について語りました。ジャンクションツアー川沿い編にカメラ同行してのロケも。「若者の新しい観光スタイル」としての紹介でしたが、それ、ほんとか。

建築ジャーナル

建築設計者向けの雑誌「建築ジャーナル」に「大阪ジャンクションツアー」のレポートが載りました。

docomo東京REMIX族

J-WAVE「docomo東京REMIX族」で団地マニアとして取り上げてもらいました。山田五郎さんとしょこたんがナビゲーターのこの番組、山田五郎さんは以前お会いして団地の話をみっちりしたことがあることもあり、団地のすてきさについて力説してくれましたが、しょこたんは「よくわからん」の一点張りでした。そりゃそうだ。

四日市市東京事務所

四日市市東京事務所主催の「工場は美しい」と題された座談会に参加しました。四日市市自らの工場アピールはうれしいかぎり。いいぞ、もっとやれ!

2009年

首都高News [首都高速道路株式会社]

首都高のパーキングエリアで配布されているパンフレット「首都高News」。2008年7・8月号から2009年7・8月号までの1年間、「ジャンクション萌え」と題してステキなジャンクションを写真とふざけた文章で紹介するコーナーを担当させていただいておりました。楽しかった。というか、免許すら持っていないぼくが首都高さんの仕事をするってすごいよねえ。当該コーナー記事は首都高Newsウェブサイトのバックナンバーで読むことができます。

TOKYO SMART DRIVER

J-WAVE「TOKYO SMART DRIVER」で1週間にわたり「ドボク鑑賞」について小山薫堂さんとKIKIさんと語りました。KIKIさん、建築学科出身なんですね。ドボクのすてきさについてうざく力説してきましたよ。

「東京人」2009年 08月号

雑誌「東京人」2009年 08月号特集「踏切、鉄橋、ガード下」で高架下建築の写真とテキストを載せてもらいました。ぜひ中央線の高架下を、というリクエストをいただき、東京人らしいなあ、と思いました。

週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドで団地の魅力について語りました。住宅政策や、建て替え問題、家賃問題、少子高齢化問題などについての記事が並ぶ中、唐突に「団地の形がすてき!」って言ってます。

週刊SPA!

週刊SPA!でザリガニワークスと対談しました。お会いできてうれしかった。

るるぶ茨城10

『るるぶ茨城10』で鹿島の工場での"ロマンチックデート"の勧めをしました。いや、ほんとにいいと思うよ、工場デート。まじで。

せんだいメディアテーク

せんだいメディアテークの「スタジオ・レクチャー」というプロジェクトで『面白いのは、結局web1.0だった』と題してトークショーをしました。いやほんと、ネットでコミュニケーションなんてしなくていいと思うんですよ。ともあれ、あのメディアテークでえらそうに話ができる、ってだけでエキサイティングでしたよ。あと桂英史さんとお近づきになれたのもうれしかったです。

日本テレビ「イルカデルカ」

日本テレビ『イルカデルカ』に団地マニアとしてちょこっとだけ出演しました。

デジキャパ!

カメラ雑誌「デジキャパ!」の『EYES 〜私がそれを写すワケ〜』というコーナーでインタビューを受けました。このインタビューはすごく楽しかったです。

with D

クリエイターのためのすてきなウェブサイト「with D」にインタビュー受けました。レイクタウンとかチューボーもお勧めしたよ!あと、同サイトのトップイメージにも工場、ジャンクション、団地の写真を使っていただきました。かっこいいな!自分で言うのもなんだけど。

取手アートプロジェクト2008

「取手アートプロジェクト2008」にDiYメディアセンター企画「世界の団地から 韓国編」として韓国の団地についてレポートしました。レポートっていっても韓国の団地の形とかすてき!ってトークしただけだけど。このアートフェスティバル、なんと会場が取手の井野団地内でした。それだけで大満足。→デイリーポータルZ:韓国は団地天国だった

旅達空間

ANAの会員制ウェブサイト「旅達空間」というサイトに北九州の工場と、沖縄の給水タンクの魅力について写真と原稿書きました。これで旅行する人増えるのかしら。増えるといいなあ。

イケタク

フジテレビの「イケタク」という番組で団地についてタレントの方々に力説しました。本上まなみさんが図鑑マニアだと知って親近感を覚えました。まあ、もちろん向こうはなんとも思ってないでしょうけど。

with D

with Dというクリエイターのためのウェブサイトにドボクサミットのレポートが載りました。たのしかったなあ、ドボクサミット。

2008年

laud salon vol.04

「土木鑑賞学」の名のもと、ジャンクションについてしゃべりました。土木のプロフェッショナルの方々がきいていらっしゃるなかで、かなり好き勝手なことをしゃべりました。すまん。

日経トレンディネット

日経トレンディネットでインタビューを受けました。→ネット発も多い、カジュアルな「写真本」が増えている! 『「工場萌え」は写真集ではなく、ガイドブックなんですよ』と強調しておきました。書を持って街に出よう。街、って工場街のことね。

建築学会

建築学会『建築夜学校2008「タワーマンション」とグローバル・シティ』シンポジウムにパネラーとして参加し、空気を読まずかなり勝手なことをしゃべりました。藤村龍至さん、南後由和さんのモデレートのもと、迫慶一郎さん、山梨知彦さん、北 典夫さん、そして東浩紀さんという面々に混じっての、かなり場違いな参画。ひとりでおかしなことばかり言ってました。すまん。

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」で団地について熱弁をふるいました。安住さんがいい具合に乗ってくれるんで「このあと団地見に行きましょうよ!」っていったら「えーと、仕事ですから」って断られました。そりゃそうだ。

PingMag

英語圏の方々に日本の文化を紹介するとてもすてきなサイトPingMagにインタビューを受けました。これはとてもエキサイティングな記事になりましたよ。→Ken Oyama: From Housing Complexes with Love コメント欄も非常に興味深いです。でも残念なことにこのPingMag、更新停止してしまったんですよねえ。

アクティブじゃらん5月号

「アクティブじゃらん5月号」で『この春見に行きたい! 工場地帯 ベスト5』なる企画でランキングとコメントしました。さて、実際これ見てどれだけの方々が工場行ったんでしょうか。ねえ。

NHK 首都圏ネットワーク

NHK 首都圏ネットワーク「文化流行最前線」の『流行のサブカルチャー』というコーナーで、高島平団地に行って話をしました。いいよねえ、高島平。

週刊SPA!

週刊SPA!で、会社辞めて団地とか工場とか追いかけてる人もいて、幸せにやってるみたいよ、という趣旨の取材を受けました。うん、まあ幸せにやってますよ。

日経ビジネス特別版

「TOKYO STORY 日経ビジネス特別版」の『“ふしぎ! びっくり! おもしろい!”首都圏撮影スポットガイド』でインタビューと写真の提供をしました。団地とか工場とかジャンクションとかをビジネスマンにお勧めしたしだい。

もえるるぶ

もえるるぶ COOL JAPAN オタク ニッポン ガイド』でジャンクションの魅力について語っております。日本の「萌え」文化のひとつとしてのジャンクション!箱崎ジャンクションが聖地となるか?

Casa BRUTUS

Casa BRUTUS 2008年2月号特集「住宅案内2008」で団地のリノベーションについてインタビュー受けました。インタビュアーはぽむ企画の平塚さん、いっしょに語ったのは小林さん吉永さん。ゴールデンメンバーです。

よみうりテレビ「ニューススクランブル」

よみうりテレビ「ニューススクランブル」で大阪のジャンクションロケを行いました。これはすごくよいコーナーに仕上がっていました。丸一日大阪のジャンクションめぐってたら、カメラマンさんはすっかりジャンキーに!やった!

2007年

毎日新聞

毎日新聞で「千葉遺産」と題したコーナーで京葉工業地域の魅力について語りました。わが心の千葉。とりあえずこういう活動が実って16号沿いの樹木がなくなって工場もっとよく見えるようになるといいと思う。まじで。

週刊文春

週刊文春「This week」で団地について語りました。こういう週刊誌の取材って珍しい。

フジテレビ「あっぱれさんま新教授」

フジテレビ「あっぱれさんま新教授」で団地ロケをしてその魅力をおもいきりお伝えしました。中越典子さんと一緒に。中越さん、ふつうに団地を面白がってくれて、さいごは団地の前で手をつないで踊る(台本にはない)という所行にでました。

ASCII.jp

ASCII.jp「古田雄介の"顔の見えるインターネット"」にインタビュー乗ってます→『「住宅都市整理公団」に見る、オタク的ではない趣味の愛で方』これはかなり良いインタビューでした。

テレビブロス「ネット探偵団」

テレビブロスの「ネット探偵団」でインタビュー受けました。ネットでも公開されてます→ネット探偵団ANNEX なんでだかマイルスの言葉引用したりしてます、ぼく。

日本経済新聞

日本経済新聞でこの頃出版が相次いだドボク写真集についての取材を受けました。記者さんがコンテンポラリーアートについて造詣が深く、いろいろ勉強になっちゃいました。こういうすてきなインタビューなかなかない。

ラジオニッポン放送「特ダネラジオ」

ラジオニッポン放送「特ダネラジオ」で東京の団地ベスト3について語りました。ベストって言っても住み心地とかじゃなくて。

TBSラジオ「カキーン」

TBSラジオ「カキーン」で団地鑑賞入門について語りました。入門て。

写真以上 写真未満

写真以上 写真未満』翔泳社 2007年 に団地の写真とインタビューが載っています。「撮り続けることで見えてくるものがある」とか言ってます。ぼくったら。

タモリ倶楽部

タモリ倶楽部 で団地のすばらしさをタモリさんに力説しました。取り壊し間近の団地をタモリさんの財力で買い取って保存してほしいとお願いしましたが断られました。

東京FM 「AVANTI」

東京FM 「AVANTI」で工場について語りました。元麻布の名店"AVANTI"で語るという設定のこの番組。収録は九品仏でした。言っちゃった。

学研「Get Navi」

学研の「Get Navi」で工場鑑賞のすばらしさを力説しました。ライターさんもすっかり工場好きに。しめしめ。

宣伝会議

「宣伝会議」でちょっと変わったインタビューをうけました。「会社員やめて団地に専念ってどういうこと?」(意訳)っていう趣旨です。どういうことなんでしょうねえ、ほんとに。

Casa BRUTUS

Casa BRUTUSでおこがましくもベッヒャーについて語りました。ほんとおこがましくも。いちどお会いしたかったな、ベッヒャー。

アサヒカメラ

「アサヒカメラ」で団地写真について語りました。団地写真家が増えたらいいな、と期待しましたがそんなことは起こりませんでした。

東京新聞「Tokyo発」

東京新聞「Tokyo発」で団地マニアの活動についてインタビューを受けました。

R25

R25で団地の魅力について語りました。見出しは『この春…「工場」が静かにブーム。そしてこの夏…「団地」に密かなブレイクの予感!』結局ブレイクしませんでしたけども。辰巳アパートでポートレイト撮影もしましたよ。

AERA

AERAの特集「巨大建造物に魅せられて」で団地と工場について語りました。エディターの方が実はダム好き、という心強い取材でした。

2006年

DESIGN QUARTERLY (デザイン・クオータリー) [翔泳社]

とてもすてきなデザイン誌だったのですが、残念ながら休刊。2006から「団地の見究」と題して写真と文章で素敵な団地を紹介するコーナーをもっていました。こういうマジメでクールな雑誌の中でひとりぬるーくふざけた文章を書くっていうのは非常に居心地がよかったです。またそういうのやりたいなあ。

2005年

〜山田五郎アワー〜 マニア解体新書

〜山田五郎アワー〜 マニア解体新書 MONDO 21 に出演。山田五郎さんと団地についてしゃべりました。たのしかった。出演の様子はのちに書籍になりました→山田五郎のマニア解体新書

そのほか、各種テレビ・ラジオ番組にちょくちょく出演したり、寄稿したりしています。

連絡先

メール [danchimania@gmail.com]